かな漢字変換辞書

漢籍を扱う際に役立つかな漢字変換辞書データです。

Mac OS Xのことえり用とATOK用を用意しています。ATOK用はMac/Windowsの別なく使用できます。

ことえり用は、ことえり4の辞書ファイルとし、ZIP形式で圧縮しています。解凍後、ホームのライブラリにある「Dictionaries」フォルダにコピーし、ことえりの環境設定で辞書を開いてください。部首画数辞書は、指定辞書として登録した方が使い勝手がよいかもしれません。

ATOK用は、ATOK12の一括登録形式のテキストデータとなっています(ATOK12以上のバージョンで使用可能)。辞書ユーティリティーで現在使用中の辞書に登録するか、新規の辞書ファイルを作成して、現在使用中の辞書の補助辞書にしてください。

ことえり・ATOK以外のInput Methodを使用されている方は、ATOK用のテキストを適当に改変して、現在お使いの辞書に登録してください。本テキストは、読み・漢字・品詞の順に、それぞれタブで区切られた形式になっています。使用している品詞は以下の通りです。


中国古典学辞書

漢籍の名称・人名等、2400語ほどを登録する辞書データです。

2017年6月20日 「応劭」が「王劭」と登録されていた誤りを修正しました。(ATOKのみ。ことえりが動作するMacが手許にないため、ことえり用は誤ったままとなっています。登録後修正をお願いします。)

2010年1月6日 「陶宗儀」が「陶宗羲」と登録されていた誤りを修正しました。

部首画数辞書

「部首の読み+部首を除いた画数」で、JISの第1第2水準の漢字を呼び出す辞書です。
  例)やま12→嶐・嶢・嶝

部首の読みについてはbusyuyomi.txtをご覧ください。(部首の漢字でJISの第1第2水準に含まれていないものについては、DXXXXX;の形で大漢和辞典における当該文字の番号を示しています。)

本データは、@niftyのフォーラムfjameaで公開されていた、藤平寛田氏作成のYDIC.USRの情報を使用して作成したものです。有益な情報を公開してくださったことに感謝いたします。


表紙へ